アミノ酸シャンプー 肌が弱い

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分となる界面活性剤に
アミノ酸由来の成分を採用したシャンプーの事です。

 

一般的なシャンプーは、アルコールや洗剤にも使われる
化学合成の界面活性剤を配合し、
強力な洗浄力を確保しています。

 

ですがその洗浄力によって皮脂を落とし過ぎるという問題があり、
肌が弱い人の場合には自身が持つ皮膚のバリア機能を弱めてしまって、
様々な肌トラブルの遠因となる事があります。

 

対してアミノ酸シャンプーは洗浄力こそ若干弱いものの、
皮脂分は肌に残り易いという特徴があります。

 

その為、肌のバリア機能や保湿力は維持され易くなるという特徴があり、
肌が弱い人向けであると言えるのです。

 

特に保湿力の維持性は髪の状態にも好影響を与えるので、
髪のケアの手間を省く事が出来れば相乗的に肌を守る事に繋がります。

 

またアミノ酸は、それ自体がヒトの体内にもタンパク質の一部として
存在する成分です。

 

従って外から肌に付いた場合でも、
刺激性がほぼありません。

 

直接的な刺激が無い事で、肌の弱い人にありがちな炎症といったトラブルを避けられますし、
アレルギー症状の発現もし難いという利点があります。

 

更にアミノ酸系の界面活性剤は、泡立ちが比較的良いという特徴があります。

 

これを上手く活かすと、少ない使用量で充分にシャンプーの
成分を行き渡らせる事が出来ます。

 

洗浄力の低さから丁寧に洗う必要はあるものの、
使用量の少なさで持続的な刺激も少なく出来るという点で、こ
れも肌の弱い人へのケアに繋がります。

 

このように刺激性の無さから敏感肌への対応、
保湿力から乾燥肌への対応と、肌が弱い理由を問わずに使い易いのも魅力です。

 

複合的に様々な好ましく無い性質が発揮されて肌が弱くなっているケースもあり、
こうしたケースでもアミノ酸シャンプー1本で多角的な改善アプローチをする事が出来ます。

 

薬剤のように強力な成分として働く訳では無いですが、
肌質改善の下支えを期待して使うにはピッタリと言えます。